2015下半期の運勢を知って役立てましょう~ワクワク占う行方~

占い師

願い事を叶えるには

占い

どんなことを行うのか

おまじないは世界各国で行われています。古代から伝わるもの、近年に行われるようになったもの、神様や魔女、精霊、天使などを呼び出したり、道具を使って本格的に儀式のように行うもの、簡単に行えるものなど様々な特徴のものがあります。例えば、良く知られている有名なおまじないとして、緊張した時に掌に「人」という字を3回書いて飲み込むふりをするというものがあります。この他にも、人間関係や健康、仕事、勉強、金運、授業中に指されないようにするなど多彩な願い事を叶えるために行われています。おまじないは、特に若い女性が、恋愛を成就させるために行うことが多いようです。サイトや書籍などおまじないの方法、体験談が書かれたものが多くありますので参考にしてみて下さい。

心掛けるとよいこと

おまじないを行う時に心掛けたほうがいいことはたくさんあります。まずは心を落ち着かせて、願う気持ちを強く持ち、叶うと信じること。できれば、塩風呂に入って体を清めてから行うこと。月の満ち欠けの状態も考えると効果が上がります。新月の3日前は行わない、新月や満月には健康に関するもの、上弦の月には回復や向上などに関するもの、下弦の月には逆転や追い払いに関するものなど。また、惑星や星座の影響によっても向いているおまじないは違いますのでサイトや本で調べてみて下さい。それから一度に2つ以上のおまじないをいっぺんに行わないこと。こうすると効果が半減してしまいます。そして、人の不幸は祈らないことです。相手を呪ったりすることは、自分にもその効果が跳ね返ってきます。それよりも、自分が幸福になるためにおまじないを行ったほうが気持ちよく行えるでしょう。おまじないを行うだけではなく自分でも願いを叶えるための努力することも大切です。